スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/--】 | スポンサー広告


気まずい瞬間
●先日、会社帰りの気まずい出来事

9時過ぎに自転車で自宅へ向かって走っていると・・・
前方で携帯電話を片手になにやらしゃべりながら自転車をふらつかせている中年男の酔っ払いが走っていた・・・
関わりたくないので一気に抜き去った
が、次の瞬間目の前の信号が赤になりやもえず停止
中年男も私の後ろで停まりまだ携帯でしゃべっている
早く青になれ・・・
まもなく信号が変わろうかとした時、携帯の会話が終了した
私は後ろに目もくれずみきり発進した
すると中年男も私に続いて発進
少し速度を上げ引き離そうとするがなぜかついてくる

そして次の瞬間・・・
男「おつかれさまです!」
??しりあいか??
暗かったので顔がよく見えないが見覚えがない・・・
私「・・・・・」
すると私と並走して一言
男「がんぞーって飲みすぎちゃいますね!」※がんぞう=市内の飲み屋
やっぱこいつ勘違いしてる、一緒に飲んでたやつと間違えたのだろう
私「はぁ・・・」
ここで男は顔をあわせてきた
男「・・・・・・・」
おそらく自分の間違えに気付いたのだろう
男は無言のまま自転車の速度を上げ走り去っていった
私は速度を落とした、男が見えなくなるまで・・・
あぁ気まずい・・・
なんとなく知り合いに似ていたような感じもあり
「どちら様ですか?」と聞ける雰囲気でもなかったし・・・

こんな気まずい瞬間ってありますよね。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2006/07/27】 | ひとりごと・・・ | トラックバック(0) |



| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。